top of page

大事な家族が旅立ちました

今朝、ココが息を引き取りました。

誕生日を迎えたばかりの6歳と1ヶ月


これからも一緒に暮らしていけると思っていたのに早すぎるよ


つい最近まで散歩も元気にしてたのに、

2日前から食欲が無くグッタリしだし、先日帰宅した時には歩く事ができなくなってた。

急いで救急病院に連れて行き診察してもらったら、リンパ腫の疑いがあり口の中と目に黄疸がで出ている。


明け方まで点滴を打つ事にしたけど、ケースの中にいる様子を見るのは辛かった。

朝にかかりつけの病院へ転院させ、詳しく検査もする為に帰宅

出発までココの隣で仮眠をするつもりが、起きた時には僕から離れた床で旅立っていました。


現実を受け入れられなくてしばらく正気を保てませんでした。



犬の寿命は10〜15年

自分の中で勝手にそれだけの時間があると思っていた、、

もっと一緒に行きたいところもあったし

もっといろんな経験を一緒にやりたかった。


死に対する恐怖感は僕にとって「後悔」なんだと知った。

あの時ああしていれば、もっとこうすれば、色々と考えてしまう。


最後は大好きな家で一緒の空間を過ごせたのは幸せだったかな

僕と家族になって幸せだったかな

僕と家族になって幸せだったでしょって胸張っていいかな


本当に可愛くて、相手を傷つけるのが嫌いで、優しくて、運動音痴なココ

本当に大好きだった


なんで遠くに行っちゃうんだよ

もう触れることもできないし

声を聞くこともできない


100人いたらみんなに愛されるような存在だったよ

たった6年の生涯だったけど、みんなに自慢できる誇れる家族でした


たった一つの小さな命だけど、こんないい子がいたって知ってもらおう


一緒にいてくれて本当にありがとう

ゆっくり休んでね








閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page